サッカーを愛する全てのファンに
2017.02.06 » 5か月 前

[FIFA17] ブンデスに現れた「怪物」モデストの能力値は?


大迫勇也の相棒・ケルンFWアントニー・モデスト

Anthony-Modeste

今シーズン日本の大迫勇也がブンデスリーガのケルンで活躍している。その大迫と前線でペアを組んでいるのがアントニー・モデストだ。現在、このペアは欧州5大リーグで8番目に高い得点率を誇っている。モデスト自身は今季18試合14得点で「怪物」FWとして名を馳せている。今回はモデストを紹介しよう。

アントニー・モデストのFIFA17能力値

FIFA17-Anthony-Modeste

モデストの一番の特徴はフィジカルである。ストレングス87、ヘディング85、身長は187cmあり、フィジカルを活かした得点を得意とする。コーナーやクロスではパワーヘッダーの特性を活かしたヘディングでの得点に大きな期待を寄せることができる。加えて、ターゲットFWの特性があるため、敵を背負ったポストプレーも得意とする。もし、チームで2トップを採用している場合、モデストにポストプレーをさせ、もう片方のFWに裏抜けさせるという戦術は非常に効果的だろう。

現状でも決定力は標準以上に高い

またモデストは得点を決めきる能力も十分に高い。ポジショニング83、決定力82、シュートパワー78あり、ペナルティエリア内でモデストにボールを渡せば得点の確率が大幅に上がる。しかし、ロングシュートやロングパスの能力が低いため、遠くからシュートやパスをしようとするのはおすすめしない。基本的にはボックス内でのプレーに集中させたい選手であろう。

以上、モデストの能力を見直してみよう。フィジカルの能力が非常に高く、ヘディングでの得点やポストプレーを得意とする。また、決定力もあり、ペナルティエリア内での得点に大きな期待がもてる。まさに「怪物」FWであるモデスト。キャリアモードでモデストを獲得すれば得点力向上につながる。UTモードではモデストのTOTWカードも出ているため、コインを貯めて手に入れることをおすすめする。また、次回作FIFA18では大幅にその能力が上がっている可能性、さらに言うと強豪チームで彼の姿を見ることになるかも…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です