サッカーを愛する全てのファンに
2016.10.18 » 3か月 前

FIFA17、日本代表レベルの選手一覧はこれだ!世界と戦うサムライたちの能力は?


FIFA17には日本代表は収録ならず。しかしJリーグ収録で日本人プレーヤー多数

選手名 ポジション 総合値 PAC SHO PAS DRI DEF PHY
香川 真司 CAM 83 79 68 75 87 34 49
本田 圭佑 RM 81 76 73 81 82 48 67
清武 弘嗣 CAM 79 69 72 82 79 27 48
宇佐美 貴史 LM 77 78 73 74 80 30 49
岡崎 慎司 ST 77 76 75 65 77 43 74
長谷部 誠 CDM 75 67 52 74 71 72 71
内田 篤人 RB 75 77 47 70 75 73 58
長友 佑都 LB 75 84 54 67 72 71 69
乾 貴士 LM 75 78 63 71 84 26 42
原口 元気 RM 75 83 62 67 81 36 45
青山 敏弘 CM 75 59 63 73 71 67 76
武藤 嘉紀 ST 75 78 73 68 78 30 59
田中 順也 ST 74 71 75 69 73 34 71
中村 憲剛 CM 74 37 73 77 74 64 58
槙野 智章 CB 74 68 34 62 66 72 76
酒井 高徳 RB 74 76 47 70 72 71 69
ハーフナー・マイク ST 73 63 68 53 67 24 66
酒井 宏樹 RB 73 76 47 66 66 71 71
吉田麻也 CB 73 66 41 48 62 74 74
森重 真人 CB 73 55 58 62 60 74 76
塩谷 司 CB 73 65 49 44 48 73 77
中村 俊輔 CAM 73 36 72 79 73 30 50
遠藤 保仁 CAM 73 36 73 78 71 68 65
大久保 嘉人 ST 73 43 75 62 74 21 59
久保 裕也 CAM 72 83 63 64 72 42 55
齋藤 学 LM 72 83 64 63 79 23 56
山田 大記 LM 72 73 66 69 74 46 65
伊東 純也 RM 72 88 63 63 72 57 66
鈴木 大輔 CB 72 70 33 61 61 72 66
細貝 萌 CDM 71 71 40 65 72 69 67
永井 謙佑 LM 71 91 64 62 70 31 65
柏木 陽介 CM 71 69 67 70 72 50 65
南野 拓実 RM 71 80 68 66 74 39 58
柴﨑 晃誠 CAM 71 66 66 70 71 41 61
柴崎 岳 CM 71 63 66 68 72 58 58
阿部 勇樹 CDM 70 54 70 72 70 69 67
千葉 和彦 CB 70 56 35 50 50 70 73
伊野波 雅彦 CB 70 54 46 56 49 69 80
佐藤 寿人 ST 70 45 76 52 66 29 56
宮市 亮 RM 70 94 55 61 73 25 40
李 忠成 ST 70 71 70 50 68 34 76
髙萩 洋次郎 CM 70 50 61 68 69 59 60
森脇 良太 CB 70 64 45 44 56 72 71
遠藤 航 CB 70 77 45 49 63 69 73
昌子 源 CB 70 65 32 48 45 71 73
小林 悠 RM 70 64 71 62 76 28 62
小笠原 満男 CM 69 35 71 74 72 54 57
中澤 佑二 CB 69 33 41 61 52 66 71
増田 誓志 CDM 69 69 58 67 65 60 75
家長 昭博 ST 69 81 64 63 76 34 66
金崎 夢生 ST 69 56 67 68 75 28 60
高橋 秀人 CDM 69 57 50 60 60 68 73
GK能力 総合値 DIV HAN KIC REF SPD POS
東口 順昭 GK 73 70 73 75 70 34 71
西川 周作 GK 70 74 70 76 69 44 69
川島 永嗣 GK 69 72 61 68 74 44 65

FIFA17からは初めてJリーグの18チームが収録された。これまでは海外のクラブに所属していた選手を除き日本人選手は収録されていなかったものの、今回からはJリーグファンにおなじみの選手たちが多数収録されている。

インターナショナル(国別代表)では日本代表は残念ながらまだライセンスの関係で収録されていないが、日本人選手の総合値レーティングを順に並べると日本代表クラスの選手達の能力値が見えてくる。日本のトップ選手の能力は現状どう評価されているのかチェックしてみよう。

上位は香川真司、本田圭佑ら海外組が占める


日本人で総合値トップは日本代表の背番号10を背負うボルシア・ドルトムントの香川真司。過去にはドルトムントをリーグ優勝に導き、プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドでもプレーした香川の評価は世界的にも高い。ドリブル87の能力値は世界的に見てもトップクラスと言える。
続くのはACミラン所属の本田圭佑。主に右ウイングのポジションでプレー、安定した攻撃面の能力、特にドリブルとパスが秀でており日本代表でも香川と並び中核を形づくる選手だ。

そして3位にランクインしたのがリーガ・エスパニョーラの強豪セビージャでプレーする清武弘嗣。W杯アジア最終予選イラク戦ではトップ下で先発、チームの攻撃を活性化させ、アシストも記録するなど大活躍を見せた。香川真司選手のクラブ・代表でん不調が目立つ中で、新たに日本代表を引っ張る存在となるのはこの清武選手ではないだろうか。パス能力82は世界的に見ても水準以上、高い評価を受けていることがわかる。

[FIFA17]日本代表の10番香川真司、世界にどう評価されているのか? | Fantasista11[FIFA17]日本代表の10番香川真司、世界にどう評価されているのか? | Fantasista11
[FIFA17]日本代表・本田圭佑はどう評価されている?レーティングで見えた強みと弱点 | Fantasista11[FIFA17]日本代表・本田圭佑はどう評価されている?レーティングで見えた強みと弱点 | Fantasista11
[FIFA17]日本代表のトップ下に定着しつつある清武弘嗣、最大の武器であるパス能力は? | Fantasista11[FIFA17]日本代表のトップ下に定着しつつある清武弘嗣、最大の武器であるパス能力は? | Fantasista11
1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です