サッカーを愛する全てのファンに
2016.11.18 » 7か月 前

[FIFA17]スーパードリブラー・クアドラードは「自己中心的」?


ユヴェントスの快足ドリブラー・クアドラードの評価は?

juan-cuadrado

セリエA5連覇中の王者ユヴェントスに所属するフアン・クアドラードは、そのスピード・ドリブルスピードで数多のチャンスメイクをしてきた生粋のドリブラー。ドリブルを仕掛ける回数、そしてその成功率は世界トップであり、加えて自らゴールまで奪い切る強烈なシュート力も持っている。時には3人抜き、4人抜きの離れ業を見せることも。

プレミアリーグ・チェルシーではうまくフィットできずレンタル移籍という形でユヴェントスにやってきたクアドラードではあるが、セリエAではドリブルを武器に活躍を見せており、ユヴェンティーノからの人気も厚い。

快速フアン・クアドラードの超絶スピード!世界最強クラスのドリブラー | Fantasista11快速フアン・クアドラードの超絶スピード!世界最強クラスのドリブラー | Fantasista11

そんなクアドラードのFIFA17能力値は一体どうなっているのだろうか?

フアン・クアドラードのFIFA17能力値

juan-cuadrado

「スピードスター」クアドラードの能力で最も目立つのはもちろんスピードの92。ドリブルステータスの87を合わせて考えるとその突破力は脅威的。サイドハーフやウイング、時にはSBもこなすクアドラードは、一度スピードに乗せてしまうと相手陣地深めまで侵入することができるだろう。スタミナも81あるので、サイドでの上下移動は苦にならないだろう。

「自己中心的」の特性が…

そんなクアドラードだが、ドリブルでの仕掛けが多いプレースタイルのためか「テクニカルドリブラー」といったポジティブな特性の一方「自己中心的」という特性も……。攻撃意識が高く、スキルムーブも☆5と相手をかわす能力は非常に高いが、逆足は☆3と右足同等に左足を使えるわけではないこと、クロスの精度が低いこともあり、ゴールに結びつく機会がやや少ない場面がこの評価に繋がっているのだろうか。

パス能力では視野が66と低く、プレースタイルの特徴がここにも表れているか。一方でショートパスは76と標準以上はあり、ロングパスも70。ボールを落ち着かせてからの展開をできない選手ではないのでFIFA17で操作する際にはその強みをしっかり意識して使ってみると良いだろう。ドリブルでの仕掛けが得意なプレーヤーからすると使っていて楽しい選手だろう。

ロングシュート能力は高め

シュートステータスは75、中でもロングシュート能力が80・シュート力が82と威力あるキックには定評がある。ドリブルを警戒して距離をとるDFに対して、ロングシュートという武器を見せることで、相手に迷いを生むことも可能だ。

また攻撃的能力の一方で意外に守備能力が高い。攻撃に偏重した選手だとディフェンス数値が30台であることも珍しくないのだが、サイドハーフやSBをこなすこともできるため、ディフェンスは50と意外に高い印象を受ける。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です