サッカーを愛する全てのファンに
2016.12.06 » 5か月 前

[FIFA17]天才MFデ・ブルイネの攻撃センスは他を寄せ付けない!


ベルギー黄金時代の象徴の一人ケヴィン・デ・ブルイネ

前半戦を終え、僅差の3位につけるマンチェスター・シティ。好調をキープするクラブの核となっているのがMFケビン・デ・ブルイネだ。昨季ドイツのヴォルフスブルクから推定7400万ユーロ(約100億3000万円)の移籍金で移籍した若き才能への信頼は非常に厚い。

監督のグアルディオラは、デ・ブルイネをかつての教え子であるメッシに次ぐ選手であることを公言している。

「彼は特別な選手、飛び抜けた選手だと思う。何でもやってくれる。ボールがない場所では率先して戦ってくれるし、ボールを持った時に何ができるかは明白だ。本当に何でもできる選手だ、いつも正しい決断ができる。だからこそレベルの違う選手なんだ」ーFOOTBALL CHANELより引用

ベルギーサッカー史上に残る伝説ヴィンツォ・シーフォ以来の大器と称される天才である彼は、FIFA17で一体どのような評価を受けているのであろうか。気になる能力値をチェックしてみよう。

 

べルギーの至宝ケヴィン・デ・ブルイネの圧倒的才能に注目必至! | Fantasista11べルギーの至宝ケヴィン・デ・ブルイネの圧倒的才能に注目必至! | Fantasista11

FIFA17でのケビン・デ・ブルイネの能力値は?

fifa17-kevin-de-bruyne

攻撃的な中盤として日々進化するデ・ブルイネ。自ら得点を奪う能力が高いだけでなく、味方に合わせるピンポイントのクロスやスルーパスなど、アシスト能力に優れていることが彼の大きな魅力だ。

シュート力はどれもバランスが良く、非常に高い評価を受けている。その中でもロングシュートが能力値がとりわけ高いのは大きな武器だ。マンCはポゼッションサッカーでボールを回しながらチャンスを狙う場面が多いが、スペースが生まれた瞬間にはどんどんシュートを打たせていきたいところ。

ドリブルテクニックも高く、個人での突破も十分に可能だ。サイドでの起用も全くもって問題ないが、スピードは“超一流”とまではいかないため、一気に抜け出すシーンはやや少ないかもしれない。特性に「ロングシューター」「ロングパスの名手」があることを考えても、サイドに配置するよりはよりセンターに近い位置でプレーした方が真価を発揮できるのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です