サッカーを愛する全てのファンに
2016.12.20 » 3か月 前

[FIFA17]デンベレのドリブルは世界屈指!未来のスターの気になる評価は?


将来を嘱望されるスピードスター、ウスマン・デンベレ

前半戦を折り返し、ブンデスリーガ5位につけているドイツの強豪ドルトムント。クラブ史上初の国内2冠を達成した2011-2012シーズン以来の優勝に向けて反撃の狼煙を上げるチームの中で、欧州の強豪クラブを代表する選手がいる。19歳のウスマン・デンベレだ。

天才ドリブラーとして注目を集めるデンベレは、ドルトムントへ移籍する前から世界の強豪から熱い視線を注がれていた選手。移籍後すぐに得点も記録しており、その実力をまざまざと見せつけてている期待の若手だ。

将来を嘱望されるデンベレは、FIFA17で一体どのような評価を受けているのであろうか。気になる能力値をチェックしてみよう。

FIFA17のデンベレの能力値

fifa17-ousmane-dembele

スピードとドリブルは世界レベルの評価

特筆すべきはスピード84とドリブル82、また逆足☆5にすきるムーブ☆4という恵まれた身体能力と足元のテクニックだ。デンベレのプレースタイルはしばしばレアル・マドリードクリスティアーノ・ロナウドに例えられることも多く、攻撃面での評価にその素質の高さを垣間見えることとなった。

キレのあるドリブルで相手を抜き去り、そのままシュートへ持ち込むのが彼の得意プレー。自分から積極的にドリブルで勝負を仕掛け、一気に抜き去ってチャンスを創出するプレースタイルはサイドでこそ輝くののだろう。

ムラのあるプレーは克服すべき

とはいえ、まだまだ課題も多い。「自己中心的」という特性を与えられているようにドリブルにプレーが偏重する傾向は否めない。パス能力は全体的に低く、特にサイドを主戦場とするにあたってクロス67は世界レベルではまだまだ戦えない数値だ。プレースタイルの引き出しを増やすためにも、まずはドリブルに偏重しない展開力を磨くことが必要である。

また、シュートの決定力はまずまずなものの、ロングシュート力は低い。遠目からシュートを打つことが多いわけではないが、全体的にシュートは雑なところがあるため、ここも課題の一つにあげられる。レンヌでは18歳で2桁得点を記録したこともあり、得点力はいいものを持っているだけにやや残念な評価だ。

今後はワールドクラスの選手に

軽やかな身のこなしと引き換えか、フィジカルも高くはないため、今の所は使い方がやや限定的となる。しかしこれからの成長によってはよりいっそう恐ろしい選手へ成長していくことだろう。まだまだ荒削りながらも、弱冠19歳。魅力的なステータスを持っている選手であることは間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です