サッカーを愛する全てのファンに
2016.12.08 » 8か月 前

[FIFA]レスターで孤軍奮闘するマフレズ。ドリブル88はワールドクラスの評価!


マフレズは“コート上の魔術師”

リヤド・マフレズは、レスター・シティに所属するアルジェリア代表のサッカー選手。ポジションはFW・MF。昨季はレスター奇跡の優勝の原動力となった選手だ。

左利きのドリブラーであり、天性のドリブルは“コート上の魔術師”と称されることもある。細かいタッチで相手DF陣に切り込み、自ら放つ強烈なシュートは天下一品だ。また、サイドでタメを作って攻撃陣に絶妙なクロスを入れることも得意。カウンターサッカーを得意とした昨季のスタイルで文字通り要となり、今季も巻き返しのきっかけとして活躍することが期待されている。

今後ますますの活躍が期待されるマフレズはFIFA17で一体どのような評価を受けているのだろうか。気になる能力値をチェックしてみよう。

 

レスターのニューヒーロー・マフレズの驚愕テクニック集 | Fantasista11レスターのニューヒーロー・マフレズの驚愕テクニック集 | Fantasista11

FIFA17でのマフレズの能力値は?

fifa17-riyad-mahrez_0

ドリブル評価は88。攻撃に欠かせない選手

2015-16シーズンに炸裂した個人技の評価は非常に高い。相手陣内を切り裂き、ゴールに結びつけるスキルは攻撃的タレントの少なかったレスターにおいて非常に重要な存在であった。

ドリブルは88、スキルムーブは☆5とワールドクラスの評価を得た。特筆すべきは俊敏性で92というとてつもない能力値を記録している。

主にウイング、サイドのポジションでの起用が多かったが、切り込んでシュートを打つプレーも多く右サイドがプレーの中心。スピードやクロスの精度も高く評価されており、サイドを一気に駆け上がって右足でクロスを上げる得意のプレースタイルがゲーム内でも期待できるだろう。

「自己中心的」なのは問題なし

全体的に高く評価されているが、強いて懸念するポイントがあるとするならばディフェンス面。彼の存在感を存分に発揮させるのであれば、ある程度自由に個人技を織り混ぜるのがベターだ。「自己中心的」の特性も付与されているが、それほど問題視すべき点ではない。

その他に「コントロールシュート」「華麗な身のこなし」「プレイメーカー」と攻撃面を非常に評価されていることからも、彼がいかにアクティブなプレーヤーかが見て取れる。足元も非常に器用で、逆足でのプレーも左足と遜色ないレベルだ。

今後の成長も大いに期待

2016-17シーズンはレスター不調の中、リーグ・CL予選ともに活躍を見せて孤軍奮闘中。まだまだ若い年齢を考えると、今後ビッグクラブはの移籍も十分に考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です