サッカーを愛する全てのファンに
2016.12.20 » 3か月 前

[FIFA17]ナスリの攻撃スキルはワールドクラス。気になる評価をチェックしよう!


 

「華の87年組」が一人ナスリは高い攻撃センスを有する

世界屈指の強豪リーグ、リーガ・エスパニョーラで3位につける好調のセビージャ。日本代表の清武弘嗣も所属するクラブの中で、ひときわ輝きを放つのがサミル・ナスリである。カリム・ベンゼマハテム・ベン・アルファらとともにフランスの「華の87年組」としてアンダー世代での活躍からその将来を渇望された選手の一人であり、かつてはフランス代表にも名を連ねていた。

伸び悩みを指摘される一方で、クラブでは清武とのポジション争いに勝利し、レギュラーの座をつかんでいる。そんなナスリはFIFA17で一体どのような評価を受けているのであろうか。気になる能力値をチェックしてみよう。

FIFA17のナスリの評価

fifa17-samir-nasri

ナスリの攻撃スキルは圧巻の評価

「問題児」として名高いナスリだが、能力の高さはさすがの一言だ。体格的にはそれほど優れてはいないものの、パス・ドリブル・シュートがそれぞれ安定して高く、攻撃的なポジションならばどこでもこなせる器用さを持ち合わせている。

逆足☆4と両足共にボールタッチが良く、どんな場面でも相手DFを交わすテクニックは素晴らしい。スピードも78と標準以上。超一流の特化した能力を持っているというわけではないが、ゲーム中で扱うには非常に使い勝手の良い選手だということができる。FK精度も79とそこそこ高いため、プレースキッカーを任せてみるのもあるかもしれない。

フィジカルの弱さは考慮すべき

弱点としては、フィジカルがあまり強くないこと。パワー62とフィジカルコンタクトに弱い。抜群のキープ力を持っているものの、やはり激しいプレーではその弱点が露呈しそうだ。

また、スタミナ69も後半途中で息切れする可能性が高い。また、シュートステータスは低くないもの、76は少し寂しい数値にも感じる。生粋のストライカーという選手ではないものの、決定力かロングシュートといった能力がもっと高ければより脅威的な選手となる。ただ、弱点というほどのことでもなく、もちろん決定力もアシスト能力も持ち合わせた万能な選手であることには間違いない。

常に問題視されるのはプレーよりも性格面であり、それによってプレーにムラがあり、イライラしている場面などではわかりやすく冷静さを欠いたプレーを見せてしまうこともある。精神面がプレーに追いつくことで今後ますますの能力向上が見られるだろう。現在はセビージャで輝きを放っているため、今後もゴール・アシストともに記録を伸ばしてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です