サッカーを愛する全てのファンに
2016.11.21 » 12か月 前

[FIFA17]進化の止まらないチェルシーのウィリアン、その能力値は?


ブラジルの天才ドリブラー、ウィリアンの評価は?

プレミアリーグチェルシーFCに所属するウィリアン・ボルジェス・ダ・シウヴァは、ブラジル代表にも名を連ねる若き天才ドリブラー。コリンチャンスで鮮烈なプロデビューを飾り、現在は強豪チェルシーでプレー。年々プレーがレベルアップしている注目度の高いプレーヤーであり、元々特徴的であった縦への推進力に加え展開力・得点力も増している。昨季2015-2016シーズンでは、低迷するクラブとは対照的に一人大躍進し、クラブのMVPを獲得している。

右利きだが、両サイドでプレーできる器用さも持っている。左サイドプレー時は、サイドに流れてからカットインする形が得意だ。ブラジル仕込みのトリッキーなテクニックは、しばしばロナウジーニョに例えられる。ドリブルだけでなく展開力も身についた現在、プレミア屈指のアタッカーとなっている。

ウィリアンの推進力は欧州No.1。チェルシーを支えるブラジル人司令塔 | Fantasista11ウィリアンの推進力は欧州No.1。チェルシーを支えるブラジル人司令塔 | Fantasista11

今後ますますの活躍が期待されるウィリアンのFIFA17能力値は一体どうなっているのだろうか?

ウィリアンのFIFA17能力値

fifa17-willian

ウィリアンの特徴はブラジル人らしく、ドリブル・スピードに秀でているところ。ドリブラーとして使用するのがベターだろう。そのほかにも、中盤の中央でも使えるほどにパス能力も成長中で、FK精度も非常に高くなってきている。プレースキッカーにもなりうる存在だ。フィジカルは、数字だけを見れば標準的であるが、スピードある選手はフィジカル能力が低い傾向にあるため問題視することもないだろう。逆足・スキルムーブともに☆4、こう言った足元のテクニックに優れた選手がブラジル代表には多いが、ゲーム上では非常に助かる。サイドハーフ・ウイングとして活用する際に、どちらのサイドにも配置しうるというのは大きな長所だ。ただ、クロスは75と標準的、簡単いにあげてしまうのがもったいないかもしれない。

ウィリアンの弱点は?

数値的に見劣りが見られるのはPK能力とヘディング能力だ。ジャンプが非常に弱いため、ターゲットマンにはなりえない。また、クロスに合わせてシュート狙わせるには全く向いてない。常にクロスを上げる側だという認識を持って操るのが良いであろう。

非常に器用な選手であることは間違いないため、攻撃的な位置であればどこであっても活躍するだろう。守備意識・攻撃意識ともに高く、スタミナも豊富なウィリアン、どんな場面にも顔を出す存在になりうる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です