サッカーを愛する全てのファンに
2016.10.30 » 8か月 前

マンCにやってきた司令塔イルカイ・ギュンドアン。ドルトは彼の穴を埋められるのか?


ドイツ屈指のパサー、イルカイ・ギュンドアンとは?

soccer

イルカイ・ギュンドアンは、ドイツ出身。イングランド・プレミアリーグマンチェスター・シティFCに所属するドイツ代表のサッカー選手である。

イルカイ・ギュンドアンのポジション

ギュンドアンのポジションはMF。視野が広く、ゲームメイク力に長けた選手である。中盤であれば基本的にどこでもプレーできるが、ドリブルによる推進力・展開力を生かせるということで守備的MFとしてプレーすることが多い。

イルカイ・ギュンドアンの経歴

ニュルンベルク時代

2005年からVfLボーフムのユースチームに所属。18歳の2009年にFCニュルンベルクに移籍し、トップチームデビューを果たした。2009年10月にはブンデスリーガ初アシストを、2010年2月にはブンデスリーガ初ゴールを決めた。

ボルシア・ドルトムント時代

2011年にボルシア・ドルトムントと4年契約。2011-2012年シーズンはボランチの主力として実力を発揮。ブンデスリーガとカップ戦2冠に大きく貢献した。

マンチェスター・シティに移籍

2016年6月2日、マンチェスター・シティFCに移籍が決定。ドルトムントからしてみればCBのマッツ・フンメルス、インサイドハーフのヘンリク・ムヒタリアンと共にこのギュンドアンの流出は非常に痛かった。

怪我の影響で開幕に出遅れたものの、欧州CL第1節のボルシアMG戦で移籍後初出場を果たした。

イルカイ・ギュンドアンのプレースタイル


ギュンドアンの特徴は、ゲームメイク力である。視野が広く、正確なパスを出すのが得意な選手だ。深い位置でボールを受け取っても、ボールをしっかりキープして攻守の切り替えを作ることができる。一方的に押し込まれてしまう展開を防ぐことができるのだ。

相手のプレスを華麗にかわして、逆サイドへ展開していけるので、相手選手からすればボールの奪いどころが絞れなくる。相当厄介な選手として認識されているであろう。

かつてチームメイトであった日本代表・香川真司と比較されることがしばしばあるが、ギュンドアンの方が評価が高いのは、よりボールキープ力があることがその理由としてあげられるだろう。

CLでバルセロナ相手に2ゴールをマーク

欧州CLグループステージ第4節:マンCがバルサに雪辱を果たす! | Fantasista11欧州CLグループステージ第4節:マンCがバルサに雪辱を果たす! | Fantasista11
11月1日のチャンピオンズリーグ第4節ではバルセロナ相手に2ゴールをマーク。新天地でもそのその強い存在感を発揮してみせた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です