サッカーを愛する全てのファンに
2016.07.25 » 11か月 前

J2第25節「ジェフ千葉 vs 清水エスパルス」が壮絶な戦いに!最後に試合を決定付けたのは…?


Jリーグ創設時からある古豪である両チーム、J2での対戦

ジェフ千葉と清水エスパルス、「オリジナル10」とも呼ばれるJリーグ創設時から所属の2チームではありますが、現在はともにJ2に沈んでいます。J1返り咲きを狙う両チームにとって意地でも勝ちたい一戦。その試合は壮絶な戦いとなりました。

序盤は圧倒的な清水ペース。19’分に鄭大世(チョン・テセ)、27分に川口尚紀のゴールで早々に2点のリードを奪います。

千葉の圧倒的な追い上げ

しかし、ここから千葉が猛烈な追い上げを見せます。37分に華麗な連係から船山貴之がゴール、後半に入って63分にはシュートをファンブルしたGKの隙をつき再び船山がゴール、同点に追いつきます。清水は79分に川口尚紀が退場処分を受ける非常に苦しい展開。

そして84分、ゴール左から左足を振り抜いた長澤和輝のゴールで千葉がついに逆転、勝負は決したかに見えましたが……。

清水の再逆転

ドラマは試合終了間際の90分から始まりました。必死に追いすがる清水の左サイドからのクロスが千葉のDFに当たりオウンゴールに。これで同点に追いついた清水はさらに攻め込み、再び左サイドからのクロス。このクリアボールが先制ゴールを決めた鄭大世(チョン・テセ)の元にこぼれ込み、これを冷静にゴール右隅に流し込んだ清水が大逆転。

両チームともにミスもあり、美しいゴールありと見どころたっぷりの試合でしたが最後は清水エスパルスが北朝鮮代表鄭大世(チョン・テセ)の活躍で勝ち点3を得ることとなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です