サッカーを愛する全てのファンに
2016.11.18 » 2か月 前

パストーレの足に吸いつくようなドリブル!PSGの花形MFのプレーを見逃すな!


PSGの攻撃の要、ハビエル・マティアス・パストーレとは?

ハビエル・マティアス・パストーレは、アルゼンチン出身。リーグ・アンのパリ・サンジェルマンFCに所属するアルゼンチン代表のサッカー選手である。

パストーレのポジション

パストーレのポジションはMF。足元に優れた技術を有し、ドリブル突破や味方FWへの華麗なパスなど、多彩なテクニックを持つ万能なプレーヤーだ。

 パストーレの経歴

タジェレス・デ・コルドバ時代

タジェレス・デ・コルドバの下部組織で育ち、2007年にトップチームデビューを果たす。クラブはプリメーラB・ナシオナルに所属するであったが、たった5試合しか出場できなかった。

CAウラカン時代

2008年にプリメーラ・ディビシオンに昇格したばかりのウラカンにレンタル移籍。クラウスーラ2009で飛躍的に成長し、プレーメーカーとしての才能を惜しみなく発揮した。得点意識が高く、最終的に7得点3アシストを記録してチーム内得点王に輝いている。ミゲル・アンヘル・カッパ監督には「アルゼンチン代表でフアン・ロマン・リケルメの後を継げるのは彼しかいない」と絶賛された。2009年夏にはマンチェスター・ユナイテッドポルトミランチェルシーなど、欧州の強豪クラブから関心を寄せられることとなった。

パレルモ時代

多くのクラブに獲得への興味を持たれる中、2009年にイタリアのパレルモと5年契約。移籍金は約470万ユーロである。10月4日のユヴェントス戦で飛躍的な成長を遂げ、イタリアのすべてのウェブサイトと全国紙に名前が登場した。シーズン後半戦は完全にレギュラーに定着。このシーズンのセリエA最優秀若手選手賞を受賞している。

パリ・サンジェルマンへ移籍

2011年8月6日、フランスのパリ・サンジェルマンがパストーレとの契約を公式に発表。移籍金は3980万ユーロで、リーグ・アン史上最高額の移籍金となった。移籍初年度の2011-12シーズンは9月11日のスタッド・ブレスト戦で移籍後初ゴールを決めると、その後は13ゴール6アシストと大型補強を行ったクラブを牽引し、8シーズンぶり2位へと導いた。その後チームは2015-16-シーズンにかけて4連覇を果たすことになるが、その中でもパストーレの存在感は非常に大きかったと言える。

パストーレのプレースタイル


パストーレは攻撃的ポジションならどこでもこなすオールマイティなプレーヤーだ。ボールを持つと、足に吸い付くようなドリブルで相手を華麗にかわしていく。ペナルティエリアへの入りかたも上手く、フリーでボールを受けて自ら得点を決めるシーンがよく見られる。

得点意識が高く、しばしば「スーパーゴール」を決めることも多い。イブラヒモビッチがチームを去り、今後のPSGを支えていくのはパストーレカバーニの二人だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です