サッカーを愛する全てのファンに
2016.09.26 » 1年 前

レアル・マドリードの「9.5番」カリム・ベンゼマのスーパープレイ集を見逃すな!


レアル・マドリードのBBCが一人カリム・ベンゼマ

カリム・ムスタファ・ベンゼマは、フランス・リヨン出身。ルーツがアルジェリアにあるという点で元フランス代表の英雄ジダンと共通点を持っている。現在はリーガ・エスパニョーラのレアル・マドリードに所属しており、フランス代表としても活躍してきた。

パワフルかつ万能なプレーが魅力な彼は高い得点力を誇る世界屈指の選手で、リーガ・エスパニョーラでの通算記録は100得点に達している。

ベンゼマの経歴

ベンゼマがでプロデビューしたのはSCブロンに所属していた頃。2005年にトップチームと3年間の選手契約を行い、2006-07シーズンからはチームの主力選手となった。翌2007-08シーズンはベンゼマにとって飛躍のシーズン。チャンピオンズリーグでは7試合に出場して4得点。リーグ・アンでは自己最多の36試合に出場し20得点を挙げ得点王。リヨンのリーグ7連覇に大きく貢献した。

2009年にレアル・マドリードへ移籍。FCバルセロナ、レアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッドFCなど欧州のビッククラブが獲得を目論んでいたが、最終的には3500万ユーロの移籍金でレアルの一員となった。

移籍後はチームに馴染めなかったことや、練習の怠慢などもあって不遇のシーズンを過ごしたこともあったが、年をおうごとに才能が開花。私生活に問題は多いものの、順調に得点を挙げている。

ベンゼマのプレースタイル


ベンゼマは視野の広さとゲームコントロール能力を兼ね備えた選手である。ロナウドの陰に隠れてしまいがちだが、スピードも兼ね備えている。スペースに走り込む動きも得意で、コース取りも素晴らしく、相手ディフェンダーとの距離感を上手にとれるプレースタイルが魅力だ。ボールコントロールの技術も申し分なく、受け取ったパスをコースをついてシュートが打てるフィニッシュ能力も持っている。まさに完璧に近い選手だ。

レアル・マドリードの3トップ、ベンゼマ、C・ロナウド、ガレス・ベイルはよくその頭文字から「BBCトリオ」と称されるが、スピードあふれる二人のウインガーを生かす動きをこなせるという意味では、このトリオで最も重要な存在はベンゼマと言えるかもしれない。

有名選手からの評価も高く、アレックス・ファーガソンはベンゼマのボールスキルを「ジネディーヌ・ジダンを思わせる」と称賛。元ACミランのストライカー、マルコ・シモーネは視野の広さとゲームコントロールの能力もあることから”9.5番”(ストライカーである9番とゲームメイカーである10番の中間)とも評価している。

「最高のベンゼマ」「おにぎり」って一体何…?

日本ではなぜか「最高のベンゼマ」「おにぎり」といった不思議な愛称で呼ばれているベンゼマ。

「最高のベンゼマ」の由来はレアル・マドリードに移籍して2年目、9ゴールと不本意な結果に終わった1年目を振り返りながら
「ファンに最高のベンゼマを披露すると約束する。今年こそ、僕の年になるだろう。多くのゴールを挙げたい。」という発言に端を発しているようだ。実際にこのシーズンは26ゴールと結果を残したところがまた素晴らしい。

「おにぎり」は由来ははっきりとしてはいないが、髪型が「頭に海苔を乗っけているよう」に見えたからという説が濃厚。

日本のファンにも深く愛されているベンゼマ、2016-17シーズンも「最高のベンゼマ」を見せてくれるよう期待しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です