サッカーを愛する全てのファンに
2016.09.26 » 10か月 前

川崎フロンターレ、ACL出場決定!小林悠の劇的ゴールで横浜F・マリノスを下す


2ndステージ優勝に向けて、川崎にとっては負けられない戦い

川崎フロンターレは9月25日の横浜F・マリノス戦で年間順位3位以内を決めた。

大久保嘉人とエドゥアルド・ネットの2人を欠く中で川崎ではあったが、小林悠の右サイドからのクロスを狩野が押し込みまずは先手を取る。その後前半は守備陣も安定し横浜のシュートを0本に抑えた。しかし後半5分、味方と衝突したGKの新井が負傷退場することとなり、J1デビューの高木選手がピッチに立つこととなった。

後半84分には19歳の三好康児がスルーパスの抜け出しから鮮やかにループシュートを決め、試合は決まったかのように思えた。

10分間のアディショナルタイムに3得点

しかしここからがこの試合の最も見どころのあったポイント。新井の負傷もあり10分間という異例の長さになったアディショナルタイム、横浜がヘディングシュートのこぼれ球を中町公祐が押し込んで1点を返し、さらに2分後川崎DFのパスミスをカットして持ち込んだ斎藤学からのクロスを伊藤翔が蹴り込み同点。

まさかの展開で追いつかれてしまった川崎だが、この試合100分となる時間に左サイドの田坂からのクロスを小林悠が泥臭く頭で押し込み劇的な勝ち越しゴール。試合はこのまま終了し、等々力競技場はサポーターの歓喜の声に湧き上がった。

他会場のサンフレッチェ広島、ガンバ大阪の結果を受けて年間順位3位以内が確定、ACLの出場権を獲得した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です