サッカーを愛する全てのファンに
2016.12.06 » 12か月 前

べルギーの至宝ケヴィン・デ・ブルイネの圧倒的才能に注目必至!


ケヴィン・デ・ブルイネ

kevin-de-bruyn

ケヴィン・デ・ブルイネは、ベルギー出身。プレミアリーグマンチェスター・シティFCに所属するベルギー代表のサッカー選手である。

ケヴィン・デ・ブライネのポジション

ケヴィン・デ・ブルイネのポジションはMF。得点力とアシスト力に優れた非常に万能な選手である。ドリブルで相手をかわすことも、決定的なパスを供給する能力が高く、マンCの攻撃を支えている選手の一人だ。

ケヴィン・デ・ブライネの経歴

KAAヘントからKRCヘンクへ

デ・ブルイネKAAヘントのユースチームでサッカーキャリアをスタート。2005年にKRCヘンクに移籍し、2008年にトップチームに昇格した。デビューは2009年5月9日のシャルルロワSC戦である。

チェルシーに移籍

2012年1月、イングランドの強豪・チェルシーに移籍。契約は5年半だが、最初の半年は引き続きレンタルという形でKRCヘンクに残留した。

ブレーメンにレンタル移籍

2012年8月にヴェルダー・ブレーメンにレンタル移籍。最終的にリーグ戦10得点9アシストを記録し、ボルシア・ドルトムントバイエル・レバークーゼンから獲得を希望されるも、チェルシーに復帰することが決まった。しかし、ジョゼ・モウリーニョ監督に嫌われ、レギュラーには定着できずにベンチでシーズンの大半を過ごすこととなった。

ヴォルフスブルクに移籍

出状機会を求め、VfLヴォルフスブルクへと移籍。2014-15シーズンは、ブンデスリーガ全34試合に出場し、10得点20アシストを記録。年間最優秀選手賞を受賞した。

マンチェスター・シティへ移籍

2015年8月30日にイングランドのマンチェスター・シティに移籍。移籍金はクラブの歴代最高額となる5500万ポンド (103億円)である。

ケヴィン・デ・ブルイネのプレースタイル


ベルギーサッカー史上に残る伝説ヴィンツォ・シーフォ以来の大器と称される若き天才。得点感覚に優れ、ミドルレンジからのシュート精度はワールドクラスである。トップスピードの状態であっても、冷静に空間把握を行い、味方にチャンスを供給することもできる。シュート以外でも警戒心を与えられるという能力は、相手DFにとって非常に脅威となる。

マンC移籍後の成績はもう欧州トップクラスの選手と呼ぶにふさわしい。今後ベルギー代表を牽引するであろう彼のプレーに注目だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です