サッカーを愛する全てのファンに
2016.11.17 » 5か月 前

コマンの成長が止まらない!キレのあるドリブルとスピードはワールドクラス


切れ味抜群のドリブラー、キングスレイ・コマンとは?

キングスレイ・コマンは、フランス出身。ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに所属するフランス代表のサッカー選手である。

コマンのポジション


コマンのポジションはMF・FW。キレのあるドリブルが武器のドリブラーである。主にウイング・サイドハーフで起用されることが多く、世界トップクラスのスピードを生かした突破が特徴だ。

コマンの経歴

パリ・サンジェルマン時代

8歳からPSGのユースチームに所属し、2013年にトップチームに昇格した。2013年2月13日に行われたのFCソショー戦で交代途中出場でプロデビューを果たした。16歳と246日でデビューを果たし、クラブ最年少デビュー記録を更新した。しかし、2013-14シーズンはアマチュアのまま数試合に出場した後、PSGから新しい3年契約を提示されていたが、プロ契約を結ぶことを拒否した。

ユヴェントスでプロ契約

2014年7月8日、フリーでユヴェントスに5年契約で加入した。フランス王者からイタリア王者へ移った方が出場機会が増えると考えたことがその理由である。8月30日に行われたセリエA開幕戦のキエーボ戦に先発出場し、18歳の若さで同クラブの外国人最年少デビュー記録を更新している。

バイエルン・ミュンヘンへ移籍

2015年8月30日、バイエルンへレンタル移籍。移籍期間は2017年6月30日までの2年間で、買取オプション付き。2015年9月19日に行われたブンデスリーガ第5節のSVダルムシュタット98戦で初得点を記録。2016年3月16日に行われたUEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦では、古巣となったユーべ戦で、2ndレグでは途中出場で貴重な追加点をあげている。

コマンのプレースタイル

ユーべ時代から才能は評価されていたものの、バイエルンへレンタル移籍してから才能が一気に開花。スピードとキレのあるドリブルが武器で、グアルディオラ監督の戦術とも非常に相性が良かった。

アタッカーとしての才能はピカイチで、ボールを受ける動きもパスもシュートも、全般的に優れたものを持っている。まだ年齢も若く、今後の成長は計り知れない。バイエルン側も買い取りオプションを行使するとみられており、しばらくはコマンのかつやくをブンデスリーガの舞台で見ることになりそうだ。

まだまだ若者らしさも

@rayan_hair

Kingsley Comanさん(@king_coman11)が投稿した写真 –

One more in my team 😉

Kingsley Comanさん(@king_coman11)が投稿した写真 –


コマンのインスタグラムを覗いてみると、まだまだ20歳の若者らしいあどけなさも残る。若手選手にはSNSを頻繁に活用する選手も多く、その意味では選手とへの親しみをよりいっそう感じる機会となると言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です