サッカーを愛する全てのファンに
2016.06.20 » 1年 前

高いテクニックを持った司令塔「清武弘嗣」のハノーファーでのプレー集!


ブンデスリーガでも輝きを放った日本屈指のトップ下清武弘嗣

日本代表でもすっかりお馴染みになった清武弘嗣。高いテクニック、キックの精度に定評がありある種伝統的なトップ下のタイプといえる選手と言えます。決定的なシュートにつながるスルーパスを通す能力はセッロソ大阪に所属していたJリーグ時代はもちろんのこと、ブンデスリーガ・ハノーファーFCに移籍した後もその輝きが陰りを見せることがありませんでした。

背番号10番を背負った2015-16シーズンは怪我に苦しみ、またチームも2部降格という苦しいものではありましたが清武選手に対する市場の評価は高く、2016年6月には正式にリーガ・エスパニョーラ・セビージャFCへの移籍が決まりました。

セレッソ大阪栄光の系譜

セレッソ大阪からは香川真司、柿谷曜一朗といった背番号8を背負った名選手の輩出が続いていましたが、清武選手もその一人。このクラブから飛び立った選手が海外を経験、さらには活躍する姿は本当に頼もしく思えますね。日本代表での今後の活躍にも期待です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です