サッカーを愛する全てのファンに
2016.10.30 » 9か月 前

今季限りで引退の森崎浩司、ホーム最終戦でゴールを決める


ユース時代から20年在籍したサンフレッチェ広島で引退

ユーズ時代からサンフレッチェ広島一筋で活躍してきた森崎浩司。双子の兄の森崎和幸とともに広島を支えてきた名MFだったが、今季限りでの引退を表明している。

サンフレッチェ広島のMF森崎浩司、今季限りでの引退を発表 | Fantasista11サンフレッチェ広島のMF森崎浩司、今季限りでの引退を発表 | Fantasista11

ホーム最終戦となったアビスパ福岡戦、先発出場した試合では前半15分にチームの精神的支柱である佐藤寿人がヘディングで先制点をマーク。森崎浩司も高めの位置で積極的にゴールに向かい、後半33分には塩谷司からのパスに抜け出し、DFと競り合った末ボールをゴールネットに押し込んだ。ホームスタジアムにかけつけたサポーターの前で今季リーグ戦初ゴールをマーク、大きな歓声に包まれる形となった。

アビスパ福岡の城後がスーパーゴール


一方の福岡は最終的に 4 -1 で敗れたものの、城後選手の決めたオーバーヘッドシュートが大きな話題を呼んでいる。左サイドからのボールを胸トラップ、そのままオーバーヘッドでゴールに叩き込んだこのゴールは年一回出るかどうかのスーパーゴールと言っていいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です