サッカーを愛する全てのファンに
2016.12.15 » 3か月 前

[FIFA17]ピアニッチのFK精度は91!天才司令塔の気になる評価は?


ユーベの攻撃の核を担う天才司令塔、ピアニッチ

2014-2015、2015-2016と2年連続セリエA2位を記録したローマ。クラブを支えた司令塔がミラレム・ピアニッチだ。今季からライバルチームであるユヴェントスでプレーしている。

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表にも選出されるミラレム・ピアニッチは、ゲームメイク能力が持ち味の選手。“天才司令塔”と称されることもある。正確無比のパスセンスをはじめ、強烈なシュートや芸術的なループシュートなど多彩な攻撃パターンを持っているプレーヤーだ。ポグバが去ったユヴェントスで中盤からタクトを振ることになるピアニッチは、一体どのようにチームの攻撃を組み立てていくのであろうか。FIFA17での能力値をチェックしてみよう。

天才司令塔・ピアニッチが創りあげる新たなユヴェントスの形 | Fantasista11天才司令塔・ピアニッチが創りあげる新たなユヴェントスの形 | Fantasista11

FIFA17でのピアニッチの能力値

fifa17-miralem-pjanic

2015-16シーズンはローマの司令塔として活躍をみせたピアニッチ。新シーズンはユヴェントスでプレーしているゲームメイク力に秀でており、パスステータス86、ドリブル84と非常に高い数値を記録している。特性に「テクニカルドリブラー」とあるように、自身で相手DF陣営を切り裂き、絶妙なキラーパスで味方攻撃陣営に決定機を生み出すのだ。

また、自身でも得点を奪う能力も非常に高い。特にロングシュートは84という評価を得ており、隙を見つけた瞬間に強烈に右足を振り抜くシーンが想像出来る。

ピアニッチの最大の強みはFK

ピアニッチは総合力に優れた選手であるが、何よりの強みはFKだ。FK精度は91と驚異の数値を叩き出し、カーブも86と、大きく速く曲がるボールを蹴ることができる。ユヴェントスでは今なおFKの名手として知られるアンドレア・ピルロがチームの代表的なプレースキッカーであるが、それに劣らないキック精度を持っている。FIFA17全体の中でもFK能力は3位という、非常に高い査定を受けている。

FIFA17のFK名手トップ10、中村俊輔が第9位にランクイン! | Fantasista11FIFA17のFK名手トップ10、中村俊輔が第9位にランクイン! | Fantasista11

遠目からのシュートは驚異

また、シュート75は平均的な数字に見えるかもしれないが、特性の「ロングシューター」「コントロールシュート」の影響もあり、ゲーム中でも遠目からでもシュートを突き刺す力は十分にある。決定力こそやや低いが、点を取る能力は申し分ない。

ディフェンスも問題ない数値

ディンフェンス・フィジカル能力も飛び抜けてはいないものの標準以上に備わっており、攻撃的MFとしてでなく守備的な位置でプレーさせても問題ない。その際はロングパスの精度がよりいっそう際立つこととなるだろう。

ユヴェントスへの移籍が決定する前は、レアル・マドリードバルセロナバイエルン・ミュンヘンパリ・サンジェルマンといった欧州の強豪クラブが獲得を目論んだ逸材。ユーベでも新たな攻撃の核としてファンを魅了してくれるだろう。圧倒的な強さで6年連続優勝を狙うクラブに、新たなロードマップを示してくれることに期待しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です