サッカーを愛する全てのファンに
2016.11.09 » 1年 前

背後から忍び寄る影…“忍者”のようにボールを奪い、シュートを決めたゴールシーン 20選!


“忍者”の如く忍び寄る

試合中、相手がボールをキープしていたら勿論奪いに行くのが定石。スライディング、タックル、インターセプトなど奪う方法は様々あり、その機会も数多く存在する。しかし、シュート後などでキーパーがボールを手で保持している場合、そのボールを奪おうとすることはあまりない。選手は勿論足しか使えないので、キーパーが手で持っているボールを奪うのは困難であり、また相手に対して足裏を見せてのキックや、高くまで足をあげることは危険行為と捉えられ兼ねないので、リスクが高い。そういったことも踏まえ、ゴールキーパーがボールを保持している状態では、ある種の安心感が生まれる。

しかし、そんな安心感という名の油断に付け入る者も存在する。最後の砦であるゴールキーパーの背後から忍び寄り、ボールを奪い、シュートを決めるしたたかなプレイヤーのゴールシーン20選をご紹介。

奪ってゴールを決めてしまう姿は、まさに“忍者”のようだ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です