サッカーを愛する全てのファンに
2016.10.26 » 8か月 前

レアル・マドリードの不動のCBセルヒオ・ラモスの「華のある」鉄壁ディフェンスに注目!


セルヒオ・ラモスとは?

sergio-ramos

セルヒオ・ラモス・ガルシアは、スペイン出身。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリードに所属するスペイン代表のサッカー選手である。

セルヒオ・ラモスのポジション

セルヒオ・ラモスのポジションはDF。世界最高峰のチームで不動のレギュラーを誇るCBであり、高い守備力の一方守備能力も兼ね備えるプレーヤーだ。

セルヒオ・ラモスの経歴

セビージャ時代

8歳の時に、セビージャFCに入団。2004年2月にデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でトップチームデビューを果たし、2004-05シーズンにドン・バロン・アワードのブレイクスルー選手に選ばれている。しかし、セビージャのトップチームに在籍したのはわずか2シーズンのみ。2005年夏には、レアル・マドリードに移籍。移籍金は、スペインの10代選手としては最高額となる2700万ユーロであった。

レアル・マドリードに移籍

2005年から現在に至るまでレアルでプレー。現在は、移籍したカシージャスの後を受け、同クラブのキャプテンを務めている。何度か移籍の噂も持ち上がったが、2015年8月17日に2020年まで契約延長したことを正式に発表している。

2016年9月10日のオサスナ戦で今シーズンのリーグ戦初得点を記録。リーガ・エスパニョーラでは、DFのタイ記録となる13シーズン連続ゴールを記録した。

スペイン代表でもキャプテンを務め、プレーヤーとしての能力以上にそのはっきりと物事を述べ、闘志あふれる性格に由来する「キャプテンシー」も高く評価されている。

セルヒオ・ラモスのプレースタイル


本職の守備では、フィジカルの強さや桁外れのスピード(元々はSBとしてもプレー)を活かして高い能力を発揮。相手の動きを予測してプレーしたり、攻撃参加した味方のカバーなどに優れていたり、幾度となくチームを救ってきた。183cmという身長は世界のCBの中では決して高い方ではなく、見た目にも一瞬細身に見えてしまう選手だが、その対人でのフィジカルの強さ、またスピードはやはり大きな強みとなっている。

また、DF離れした高い攻撃力を持っているのも彼の魅力だ。ヘディングを得意としており、空中戦で得点を決めることの多い選手だ。SBやCBはもちろんのこと、MFとしてもプレーすることができるユーティリティーな一面もある。その得点力は、レアル・マドリード移籍後の4シーズンで20得点以上を決めたほどだ。

技術はもちろんのこと、強烈なキャプテンシーも兼ね備えている。プレーだけではなく、キャプテンに求められる「統率力」を鑑みた上でも、彼はクラブにとって欠かせない存在であろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です