サッカーを愛する全てのファンに
2017.03.10 » 4か月 前

[ブックメーカー] 王者ユヴェントスと好調ACミランが激突!王者に土をつけられるかミラン


ユヴェントス対ACミラン、注目の一戦の行方は?

SerieA28th2

セリエA第28節の注目の試合は首位ユヴェントスとACミランの対決。ともに世界的に知られている強豪クラブではあるものの、ここ数年はユヴェントスの圧倒的な強さにばかり目がいく。今季の第27節終了時点での順位を見ても、首位に立つユヴェントスと7位のACミランとの間には17者勝ち点差が付いている。

※セリエA順位表

SerieA28th

ユヴェントスはCLの戦いをこなしつつとはいえ、戦力をターンオーバーしながら勝ち点を積み上げてきた。一方のACミランは今シーズン好調をキープし、CL圏内に食い込めるだけの戦いを見せていたが、1月末から2月最初にかけてリーグ戦3連敗、勝ち点をこぼした影響が現在の順位に反映している。とはいえここ5試合は4勝1分けでこなしてきているミラン、現在4位のラツィオまでの勝ち点差3を考えるとまだまだ勝負はこれからだ。このビッグマッチでの勝敗は大きな意味を持っている。

ユヴェントス vs ACミランのオッズは?

SerieA28th3

ユヴェントスとACミランの戦い、オッズはユヴェントスの勝利が1.44、ACミランの勝利が7.00となっている。この圧倒的な差はユヴェントスの今季ホーム成績から理由がうかがい知れる。今季ホームで戦った試合は21試合、そのうち引き分けは2試合、カップ戦でPK戦の末にACミランに負けた1試合以外の18試合は全て勝利している

CLポルト戦でも敵地で2-0の勝利を収めたユヴェントスだが、ミラン戦での注目は出場メンバーとフォーメーション。CBにけが人が相次いでいる今シーズンのユヴェントス、ミラン戦でもキエッリーニやバルザッリらは怪我のため出場の見込みは薄く、「BBC」トリオ揃い踏みというわけにはいかない。また4-2-3−1の2列目右でプレーすることの多かったクアドラードが累積警告のため出場できない。このためフォーメーションは4-3-3が予想されており、トップ下でのプレーが多かったディバラが3トップの右に入る形が濃厚だ。この形だと中盤でケディラ・ピアニッチ・マルキージオを同時に起用することも可能、攻撃面での多様性は確保されると言って良い。

右サイドバックにはダニエウ・アウベスとリヒトシュタイナーが今季併用されているが、この試合ではリヒトシュタイナーのスタメンが濃厚か。3月15日のCLポルト戦を考えると、どちらかを温存する形になる。CBにはボヌッチとベナティアがコンビを組む可能性が高いとアッレグリ監督が話している。

ACミランはスソが出場可能との報道


ACミランは4-3-3のフォーメーションをとることが多く、ユヴェントス戦でもこの形が濃厚だ。しかしこの試合ではボナベントゥーラが出場できない見込み、左ウイングにバルサのカンテラ育ちで今冬ACミランに加入したデウロフェウが入るとの予想だ。右ウイングのスソは前節で負傷したものの軽症、ユヴェントス戦には出場できる見込みだ。リーグ戦での前回の戦いではACミランがユヴェントスをホームで下したが、その試合で決勝点を挙げた19歳のMFロカテッリが出場するのかも注目だ。その試合では活躍したものの1月のイタリアカップでは不用意な退場も経験した若きレジスタが改めて自身の価値を見せつけることができるか注目だ。

 

GKはイタリアを代表するベテラン・ブッフォンと、イタリアの未来を担う18歳ドンナルンマ。ともに「ジャン=ルイジ」の名を持つ二人のGKの活躍にも要注目だ。試合は日本時間3月11日4時45分より。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です