サッカーを愛する全てのファンに
2016.08.03 » 11か月 前

2015年FIFA最優秀ゴール受賞のウェンデル・リラ選手が引退、次なる舞台は「サッカーゲーム」のFIFA


リアルサッカーからは引退、次なる夢はサッカーゲーム「FIFA」でのチャンピオン

2015年にFIFAの最優秀ゴール賞である「FIFAプスカシュ賞」を受賞したブラジル人FWウェンデル・リラ選手が27歳にして現役引退することを発表した。同賞を受賞したゴールは、所属するチーム・ゴーアネージアで見せたもの。細かなパス回しから難易度の高い豪快なオーバーヘッドを見せたその技術を見ても、この若さで引退するにははもったいなく感じずにはいられない。慢性的に怪我に悩まされていたことも理由の一つなんだそうだが、実はもう一つ引退には理由があるそうで……?

サッカーゲーム「FIFA」のチャンピオンを目指す

ウェンデル・リラ選手が早期の現役引退を表明した裏側には、世界的人気のサッカーゲーム「FIFA」で世界チャンピオンを目指すという夢があったからなんだとか。自身のYoutubeチャンネルを開設し、腕を磨いていく所存のようだ。

世界一のゴールを奪ったこの選手が、サッカーゲーム「FIFA」でも世界に名を轟かせることができるか要注目だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です