サッカーを愛する全てのファンに
2016.11.05 » 5か月 前

久保建英、15歳5ヶ月1日で最年少Jリーグデビューを果たす!


久保建英がJ3の試合に途中出場、最年少出場記録を更新

11月5日に実施されたJ3リーグ第28節でFC東京U-23とAC長野パルセイロが対戦、後半途中から15歳の久保建英が出場し、現在川崎フロンターレ所属のFW森本貴幸(当時東京ヴェルディ)が2004年に樹立した15歳10カ月10日のJリーグ最年少出場記録を15歳5カ月1日と大幅に塗り替えてみせた。

世界的ビッグクラブであるバルセロナのカンテラ(下部組織)でサッカーを学び、外国人選手登録に関する規約のため帰国することとなったものの18歳になった際の復帰も内定している久保、日本ではFC東京で飛び級でステップアップを見せてきた。9月にFC東京のトップチーム登録を果たし、今回のJ3出場へと繋がった。

バルサ出身の15歳久保建英、FC東京のトップチーム登録!中学生Jリーガー誕生へ | Fantasista11バルサ出身の15歳久保建英、FC東京のトップチーム登録!中学生Jリーガー誕生へ | Fantasista11
この試合でもドリブルで相手をかわしゴール前に絶妙なスルーパスを供給するなどらしさを見せた久保、試合を重ねていくことでのさらなる進化を期待せずにはいられない。J1の舞台でそのプレーを見る日もそう遠くはないかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です