サッカーを愛する全てのファンに
2016.11.02 » 6か月 前

チアゴ・シウバの鉄壁守備。完璧とも言える世界屈指のディフェンスを見逃すな!


ワールドクラスのDF、チアゴ・シウバとは?

チアゴ・エミリアーノ・ダ・シウバは、ブラジル出身。リーグ・アンパリ・サンジェルマンFCに所属するブラジル代表のサッカー選手である。

チアゴ・シウバのポジション

チアゴ・シウバのポジションはDF・MF。鉄壁の守備を誇る世界屈指の選手だ。

チアゴ・シウバの経歴

若手時代

フルミネンセのユースチームでサッカーを始めたものの、初めてプロ契約を結んだのはリオデジャネイロのRSフチボウであった。しかし、彼のプレーを見た同じ州内にあるジュベントゥージが彼に目を付け、引き抜く。2004年シーズンにプロデビュー。ジュベントゥージでは主に右ウイングを務め、時には中盤やサイドバックもこなすマルチロールプレーヤーとして最高のデビューイヤーを飾った。後にセンターバックにコンバートされたが、ここでのプレーも欧州にもその名を轟かせるものであった。

フルミネンセに復帰

2006年にユース時代を過ごしたフルミネンセに復帰。2008年に出場したコパ・リベルタドーレスでは決勝まで勝ち進んだものの、LDUキトにPK戦で敗れた。チアゴ・シウバはこの敗北を「キャリアで最も悔しかった瞬間」に挙げている。

ACミランに移籍

2009年に移籍金1000万ユーロでフルミネンセからイタリアのACミランに移籍。移籍1年目は33試合に出場し2得点を記録。安定感のあるディフェンスでレギュラーを勝ちとり、瞬く間にセリエAを代表するCBとなり、ディフェンスラインの要に成長した。2010-11シーズンは、セリエA最優秀DFに贈られる、アルマンド・ピッキ賞の第1回受賞者となった。

パリ・サンジェルマンに移籍

2012年7月14日にパリ・サンジェルマンFCへの移籍について合意。クラブ加入後にキャプテンに就任している。

チアゴ・シウバのプレースタイル

チアゴ・シウバは、世界を代表するCB。フィジカルに秀でているのはもちろんのこと、足が速くフィードも上手い。そして何より1対1のディフェンスにめっぽう強い。CBに必要な要素をすべて兼ね備えており、非常に完成度の高いプレーヤーだと言える。裏へ飛び出した前線の選手に送るロングボールの精度も非常に高く、攻撃の起点となるシーンも度々見かける。
また、彼はイージーなミスが非常に少ないというのも特徴に挙げられるだろう。堅実なプレーで、何度もチームのピンチの芽を摘み取ってきた。そんな彼には、常に”鉄壁”という表現が付いて回る。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です