サッカーを愛する全てのファンに
2016.10.29 » 11か月 前

ウィリアンの推進力は欧州No.1。チェルシーを支えるブラジル人司令塔


ブラジルの天才ドリブラー、ウィリアンとは?

ウィリアン・ボルジェス・ダ・シウヴァは、ブラジル出身。プレミアリーグチェルシーFCに所属するブラジル代表のサッカー選手である。

ウィリアンのポジション

ウィリアンのポジションはMF。運動量豊富な選手である。

ウィリアンの経歴

コリンチャンス時代

2004年にコリンチャンスのユースでキャリアをスタート。翌年2005年よりトップチームに昇格し、アトレチコ・パラナエンセ戦で2ゴールを挙げる鮮烈なプロデビューを飾った。

シャフタール時代

2007年8月23日、移籍金1900万ドルでウクライナのシャフタールと5年契約を締結。数々の活躍を見せ、契約満了した2013年に移籍金3500万ユーロでアンジ・マハチカラに移籍をしたが、クラブの方針で高給な選手たちを放出。リヴァプールトッテナム・ホットスパーが獲得に動いた。最終的にチェルシーへの移籍が決定。移籍金は推定3000万ポンド(約46億1000万円)と伝えられている。

チェルシーへ移籍

2013年にチェルシーに移籍、年々そのプレーはレベルアップし、元々特徴的であった縦への推進力に加え展開力・得点力も増している。昨季2015-2016シーズンでは、低迷するクラブとは対照的に大活躍、クラブのMVPを獲得している。

ウィリアンのプレースタイル


ウィリアンを一言で表すのなら「万能な司令塔」というのが正しいだろう。ドリブル、パス、シュート全てに卓越した能力を持っており、特に単独での突破や推進力は目をみはるものがある。昨季はFKの正確さが増し、チームのピンチを幾度となく救った。

右利きだが、両サイドでプレーできる器用さを持っている。左サイドプレー時は、サイドに流れてからカットインする形が得意だ。ブラジル仕込みのトリッキーなテクニックは、しばしばロナウジーニョに例えられるものの、フィジカルは強くない。豊富な運動量が彼の最大の特徴である。

一時マンチェスター・ユナイテッドが獲得に動いているという噂もあったが、チェルシーに残留。今季はコンテ率いるチェルシー、チームの躍進にはウィリアンの出来が大きく関わっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です