サッカーを愛する全てのファンに
2016.09.21 » 1年 前

大宮アルディージャ、ブータンの地で小学生を対象としたサッカー教室開催を決定!


小学生150人を対象としたサッカー教室の開催

butan

21日、J1大宮アルディージャはブータンのティンプーにあるブータンナショナルスタジアムにおいて、サッカー教室『SOCCER SCHOOL PRESENTED BY J.LEAGUE in BHUTAN』の開催を発表した。開催日は24・25日の予定で、参加対象は現地の小学生約150人としている。

日ブータン外交関係樹立30周年記念行事である「ブータン日本週間」の一環であり、日本とブータンの更なる交流の発展、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた交流が目的。官民連携で発展途上国を中心に推進する国際貢献の『スポーツ・フォー・トゥモロー認定事業』としての活動となる。

講師には、2004〜2013年まで大宮でプレーした橋本早十氏(育成普及本部地域プロデュース部U-12コーチ)と、秋元利幸氏(育成普及本部プロジェクトマネージャー)を招く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です