サッカーを愛する全てのファンに
2016.09.16 » 10か月 前

シュトゥットガルトがルフカイ監督との契約を解消!クラブ側との意見の食い違いが原因か?


シュトゥットガルトがルフカイ監督との契約解消を発表

stuttgart

15日、シュトゥットガルトはクラブ公式サイトを通じて、チームを率いていたヨス・ルフカイ監督との契約を解消したと発表した。

ルフカイ監督は今夏、昨シーズンにブンデスリーガで17位に沈み、41年ぶりの2部降格を強いられたシュトゥットガルトの指揮官に就任。1部昇格を任せられていたのだが、今夏の移籍市場で浅野ら若手選手3人の獲得を巡ってクラブ側と衝突。このことが原因で同監督が辞意を表明したと、独紙『ビルト』は伝えている。後任には、アシスタントコーチを務めていたオラフ・ヤンセン氏が務めると発表されている。

細貝、浅野に与える影響は?

takuma-asano

シュトゥットガルトは、MF細貝萌と日本代表FW浅野拓磨が所属するチーム。細貝にとってはアウクスブルク、ヘルタ・ベルリン時代からの恩師であるルフカイ監督の契約解消。厚い信頼関係を築いていただけに、同選手に与える影響は大きいだろう。また、浅野にとっても新天地での早々の監督交代は、予期せぬ事態だけに影響は計り知れない。
いずれにしても、新監督オラフ・ヤンセン氏のもとで両選手がどういったパフォーマンスを見せるのか、今後の動向に注目したい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です