サッカーを愛する全てのファンに
2016.10.11 » 3か月 前

【W杯アジア最終予選】日本代表、第4戦の敵地オーストラリア戦はドローで勝ち点1を分け合う


W杯アジア最終予選4戦目はドロー

japan-vs-australia

11日、2018年W杯ロシア大会アジア最終予選B組の第4戦「日本代表 vs オーストラリア代表」の試合が敵地オーストラリア・メルボルンのドックランズスタジアムで行われ、1-1で勝ち点1を分け合う形となった。

試合は前半5分、MF本田圭佑からのスルーパスをフリーで受けたFW原口元気が左足で落ち着いてゴールに流し込み先制。続く前半29分、左サイドからペナルティーエリア内に侵入したFW原口元気からの折り返しをMF本田圭佑がダイレクトでシュートを放つも、GKマット・ライアンの正面に飛び、追加点ならず。前半32分、オーストラリア代表はフリーキックのチャンスを得ると、キッカーのMFミル・ジェディナクが右足でコントロールされたシュートを打つも、GK西川周作の好セーブに阻まれゴールならず。試合はそのまま前半終了。

追加点を挙げたい日本代表だが後半7分、オーストラリア代表のFWトミ・ユーリッチがペナルティーエリア内で倒されPKを獲得すると、MFミル・ジェディナクが豪快にゴール中央へ蹴り込み同点。追い上げる日本代表は後半29分、DF酒井高徳からのクロスをFW小林悠がヘディングで合わせるも、GKマット・ライアンのビッグセーブに阻まれ勝ち越し点ならず。前線から攻め続けるオーストラリア代表に対し、日本代表はカウンターでの攻めを見せるも両者追加点を奪えず、同点のまま試合終了。

【試合結果】  日本代表  △  1-1  △  オーストラリア代表
【得点】
前半5分:FW原口元気(日本)

後半7分:MFミル・ジェディナク(オーストラリア)

宿敵オーストラリア代表、“勝利”への壁は険しき道

cahill

W杯予選で過去6戦して勝ったことがなく、メルボルンでの対戦も4戦全敗と相性の良くない宿敵オーストラリア代表。“アジアで最も強いチーム”と警戒するだけあって、“勝利”への道は険しい……と言う前評判であった。

しかし、引き分けにより勝ち点1を獲得した日本代表。気持ちを落とすことなく、次戦への準備をしっかりと行い、本戦出場に向け躍進してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です