サッカーを愛する全てのファンに
2016.09.06 » 11か月 前

【W杯アジア最終予選】日本代表、第2戦は貴重な勝ち点3! 日本代表 vs タイ代表


負けられない戦い…W杯アジア最終予選2戦目は白星!

6日、2018年W杯ロシア大会アジア最終予選B組の第2戦「日本代表 vs タイ代表」の試合がバンコクで行われ、2-0で日本が白星を飾った。

試合開始から攻める日本代表は前半18分、右サイドでパスを受けたDF酒井宏からのクロスを、FW原口元気が頭で合わせ先制。前半24分にはFW浅野拓磨からの低いクロスにFW本田圭佑が飛び込むも、決定機をものに出来ず。前半終了間際、MF香川真司がゴール前でシュートを放つも相手GKに阻まれ追加点を奪えず、そのまま前半終了。

後半も変わらず攻め続ける日本代表に対し、後半25分タイ代表FWティーラシンがDF吉田麻也に体を寄せられながらも右足でシュートを放つも、飛び出したGK西川周作が体を張ってブロック。そして訪れた後半30分、MF長谷部誠のスルーパスに反応したFW浅野拓磨が抜け出し、そのまま右足でシュートを放つとボールはゴールに吸い込まれ待望の追加点。その後、得点は動かず試合終了となった。

【試合結果】  日本代表  ○  2-0  ●  タイ代表
【得点】
前半18分:FW原口元気(日本)

後半30分:FW浅野拓磨(日本)

初戦負けからの本戦出場へ!“ジンクス”を破れ

過去5大会、初戦を落としたチームが本戦に出場をしたことがないという“ジンクス”。しかし、初戦の敗戦が力となったかのように、第2戦は終始攻め続けた日本代表イレブン。この“ジンクス”を打ち破り、歴史は塗り変える為にも、次節も攻め続けてほしい。

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です