サッカーを愛する全てのファンに
2016.09.01 » 11か月 前

【W杯アジア最終予選】日本代表、初戦は黒星スタート… 日本代表 vs UAE代表


因縁の対決!W杯アジア最終予選初戦は黒星…

1日、2018年W杯ロシア大会アジア最終予選B組の初戦「日本代表 vs UAE代表」の試合が埼玉スタジアムで行われ、1-2で日本が初戦を落とす形となった。6大会連続出場を目指す日本代表にとって、アジアカップでの敗戦に引き続き、痛い結果となった。

前半11分、日本代表がFKのチャンスを得ると、MF清武弘嗣からのクロスをファーサイドのFW本田圭佑がヘディングで合わせ先制点。しかし前半20分、同じくFKのチャンスからUAE代表FWアハメド・ハリルが直接シュートを決め、すぐさま同点とする。その後も両者チャンスを作るもゴールを割れず、前半を折り返す。

後半9分、UAE代表MFイスマイル・アルハンマディがペナルティーエリア内で倒され、PKを獲得。キッカーのFWアハメド・ハリルがGK西川周作の動きを冷静に見て、ゴール真ん中に追加点を決める。追いかける日本代表はその後猛攻を見せるも、UAE代表の固いをゴールを割ることができず試合終了。

【試合結果】  日本代表  ●  1-2  ○  UAE代表
【得点】
前半11分:FW本田圭佑(日本)
前半20分:FWアハメド・ハリル(UAE)
後半9分:FWアハメド・ハリル(UAE)

過去5大会で初戦を落としたチームは本戦出場0%の“ジンクス”

world-cup-qualifier-japan-uae-result

宿敵UAEを前に初戦を落とす形となった日本代表。過去5大会、初戦を落としたチームが本戦に出場をしたことはなく、初戦の入り方が非常に重要視されていたUAEとの初戦。非常に悔やまれる内容となったが、結果が出た以上、次のタイ戦に向けて気持ちを切り替える必要がある。
“ジンクス”を撥ね退け、本戦出場を掴み取る為にも、再度気を引き締めて次節に臨んでもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です